校長あいさつ

校長 渡邊成樹(わたなべ なりき)



 令和2年4月1日付で佐賀西高等学校の長を命ぜられ、着任しました渡邊成樹でございます。
 佐賀西高等学校同窓会員の皆様方におかれましては、益々ご清栄のことと心からお喜び申し上げます。また、日頃から本校の教育振興に御支援、御協力をいただき厚く御礼申し上げます。
 赴任はしたものの、昨年度末からの新型コロナウイルス感染流行により、学校は休校が続き、再開されたものの生徒は不安だらけの再スタートになってしまいました。
 そのうえ、運動部最大の大会である高校総体が全国大会・九州大会・県大会とたて続きに中止となり、夏の高校野球である甲子園大会とその地方予選大会も中止が決定されました。生徒の悔しさ・悲しさ・虚しさは計り知れないものがあります。
 しかしここは、気持ちを切り替えるしかありません。少し立ち止まってでも、新たな目標・夢を掲げ、それに向かって努力してほしいと思います。
 さて、同窓会におかれましては、佐賀西高等学校の教育活動支援や育英奨学事業など母校発展のため御支援をいだき、生徒、教職員にとっては有り難く感謝しております。
 今年度、280名の新入生を迎え、在籍生徒数830名でスタートしました。 本校の教育目標は、校是である「質実剛健・鍛身養志」のもと、知育・徳育・体育の充実により、人格を磨き、グローバル社会の中で、高い知性と広い視野を持った、将来の日本や世界をリードする人材の育成を目指すことです。
 今年度のスタートにあたり、生徒に次の3つの「願う生徒像」を示しました。
 ① 「高い志(夢・目標)を持ち、最後まであきらめずに努力する生徒」
 ② 「自主・自律の精神に富む心身とも健全な生徒」
 ③ 「変化の厳しい時代を生き抜く力を持った生徒」
 生徒には、1年1年が勝負であること、この環境と時間を共有する仲間を大切に佐賀西高校で青春を精一杯謳歌すること、自ら学ぶことが課せられた当面の使命であると話しています。
 また私達教職員も、本県を代表する進学校として、学力及び人間力の向上に努め、生徒・保護者・同窓生の皆様の御期待に応えられるよう生徒の育成に全力で取り組んでまいりますので、今後とも御指導、御鞭撻の程よろしくお願いいたします。
 最後になりましたが、佐賀西高等学校同窓会のますますの御発展と皆様の御健勝を祈念申し上げ挨拶とします。

令和2年5月吉日